競技スポーツの「楽しさ」について考えてみた【トライアスロン】

生き方

競技スポーツの「楽しさ」について考えてみた【トライアスロン】

こんにちは。

トライアスロンをしています。

ウチダゲンタです。

スポーツの「楽しさ」についてのぼくの考え

選手自らが考えて行動して、それを改善していく能力やマインドを身につける。これがスポーツの楽しさだと思うようになりました。

自分のデータをもとにトレーニンングをして、アップグレードしたデータをもとに、またトレーニングをして、の繰り返し。

やっていることはシンプルかもしれないけど、その中には自分で考えたり、失敗した結果が詰まっています。自分が納得した上で成長を感じることができて楽しいと最近思う。スポーツの楽しさってこういうことなんかなって

これまでのスポーツへの向き合い方

今までのぼくは、監督やコーチに言われたことだけをこなす選手でした。

今になって思うことですが、言われたことだけをやっていると喜びを感じられる瞬間は少なかったです。人に言われたことだけになると、結果が一番の評価基準になってしまいます。(だって、結果を出すために、しんどいことも、辛いことも、我慢しているのだから、そうなるよね。)

この状況だと結果が出れば、もちろん嬉しいですが、結果が出なくなると、最悪です。監督やコーチ、環境のせいにしてしまいます。(以前のぼくがそうでした。)

言われたことしかできない人、言われたことしかやってはいけない環境にいる人は、結果が出なかった時に、「あぁ、これが駄目だったのかな。この練習をもっとこうしよう。」っていうような改善ができません。

「もっと練習を頑張ろう!結果が出るまで我慢しよう」っていう思考になっちゃいます。結局同じことの繰り返し。(以前のぼくがそうでした。)

これって本当に空しいです。自分の意見が反映されない場所であれば、そこに自分が無いのと同じで、ただ言われた練習を行って結果が出るまで必死に耐えるしかありません。以前のぼくは、むしろこっちが正しいと思っていました。

最後に残るもの

言われたことだけをしている人に、最後に残るものって何ですか?

一番は、我慢し続ける能力。(自分で言うのもなんですが、ぼく結構我慢する能力高いと思いますよ。)

でも、ここで得られる、「我慢する能力」ってそこまで必要じゃないと思っています。

スポーツでいう、我慢の必要性としては、レース中の勝負所で我慢するために必要という見方もあるかもしれませんが、この我慢は全くの別物。レース中の我慢は、練習の中でしか得られないです。練習中の成功体験がレースで発揮されます。

逃げる勇気も必要

我慢し続けられる能力よりも、逃げ出す勇気の方が必要だと思っています。逃げ出せずにいて精神的に病んでしまったとしても、責任は自分で負わなければいけません。もし、無理だと思えば自分を守るために逃げることも1つです。(逃げることって案外パワー使いますよ。)

 

  • ずっと我慢し続ける能力を持っているけど、言われたことだけをやる人。
  • 逃げ出す勇気を持っていて、自分で考えて行動できる人。

この2つの違いは、自分基準なのか、他者基準なのか。

自分の人生を生きたければ後者をオススメします。

何を大切にしているのか

何を大切にしているのかを決めていますか?

勝利だけを求めることも1つです。ただ、ぼくは違います。勝つことはもちろん大切ですけど、それと同時にスポーツ人生を終えた後に、社会に必要とされる能力を磨くことも大切だと思っています。

大学生で勉強もしないで、競技だけに向き合うことは楽しくて充実した期間ではあると思いますが、現実を見る必要もあります。

ラグビーワールドカップで日本中が盛り上がりましたが、毎年プロになれるラグビー選手はたったの30人だそうです。逆にスポーツだけをしていれば、プロになれるだろうと思っているのであれば、スポーツに対しての侮辱でもあるように思います。(言いすぎかな?)とにかく本当に狭き門です。

せっかくスポーツを通じて、誰しもができないような経験をさせて頂いているのだから、スポーツをしている短い期間だけで終らしたくない気持ちがあります。この経験を通じて社会に適合できる力をつけていきたいです。

 

ぼくが大切にしていることです。良かったら合わせて、この記事もどうぞ。

【DoingからBeing】応援される選手とされない選手

【DoingからBeing】応援される選手とされない選手

 

ぼくは、速くなりたいし、強くなりたいです。これらのことを、いつも自らが考えて行動して、それを改善していく能力やマインドを身につけることにスポーツの楽しさを感じています。これに結果がついてきたら最高です。

この記事を読んで勝ち負けに言い訳をつけている思われたくないので、一応言っておきますが、この考え方は勝ち負けになんの言い訳にもならないです。

競技に対して一切手を抜くこともありません。当然勝ちにいきますよ。

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。