大学生トライアスリートが結果を出すためにやるべきこと

トライアスロン

大学生トライアスリートが結果を出すためにやるべきこと

 

こんにちは。

トライアスロンをしています。

ウチダゲンタです。

関西大学トライアスロンサークルINFINITYの練習に参加して、少し時間を頂いて自分の持っている知識を共有させて頂きました。最高に楽しかった。

それぞれのトライアスロンライフ

サークルということもあるので、世界を目指している選手、インカレを目指している選手もいれば、趣味だったり、ダイエット、を目的にしている選手もいます。

これは、全然悪いことではなくて、人それぞれ向いている場所が違うことは当然のことで、どんな目的でも目的意識が持って、何かを取り組んでいるので、むしろ良いことだと思っています。それに、トライアスロンという過酷なスポーツを選んでいることだけで、同じサークルの中でも、間違いなくかなり意識は高いです。

考えてみて下さい。スイム、バイク、ランの3種目分の道具と3種目分の時間が必要なんですよ?この「お金」と「時間」を獲得するために、大学生は勉強したり、恋愛をしたり、友達と遊んだり、する中で考えてアルバイトとトレーニングをしなければいけません。

(ぼくは、これらを両立することができなくて関西大学を休学しました。みんな両立していて尊敬しています。)

大学生トライアスリートのメリット

いくらサークルだとしても、トライアスロンを選ぶと、先ほども言いましたが「お金」と「時間」をどのように管理していくのか、を考えることが必要になってきます。トライアスロンをしているだけで、この2つを管理する能力は上がります。

そして、正直なところ、トライアスロンをするには、勉強をしたり、友達と遊んだり、恋愛をしたり、全部を得ることはできなくて、いろんな物から「選択」して「集中」して取り組んでいかないとトライアスロンは続けられないと思っています。このことから大学生でトライアスロンをするだけで、多くの誘惑に打ち勝つ精神力を得られます。

大学生がトライアスロンをするメリット

  • 「お金」と「時間」を管理する能力。
  • 多くの誘惑に打ち勝つ精神力。

この2つは得られます。学生の内に何かのサークルに入ろうと悩めばトライアスロンを始めることをおすすめします。

(もう一度言いますが、ぼくはこれらのことを両立できなかったので関西大学を休学しました。)

共有した知識 3つの本質

本題に戻りますが、ぼくが関西大学トライアスロンサークルINFINITYのみんなに共有したこと。

  1. 明確な判断基準を持とう。
  2. 丁寧にしよう。
  3. 毎日の積み重ねを大切にしよう。

 

① 明確な判断基準を持とう。

「ストレッチをするか、しないか」「睡眠を8時間取るか、取らないか」「ラーメンを食べるか、定食を食べるか」、他にも日常生活でやった方が良いことと、悪いことは沢山出てきます。これらのことの判断は大学生になれば大体わかると思います。

自分は何を目指しているのか、その為には何が必要なのか、この明確な判断基準を持つことが大切です。

明確な判断基準を持つだけで、大きな差が広がります。

② 丁寧にしよう。

トライアスロンは3種目あるので、できるだけ無駄な動作をなくしたいですし、無駄な筋肉もつけたくないです。ただ、走るだけ、ただ、泳ぐだけ、漕ぐだけ、になってしまうと無駄な動作を改善することができません。

ぼくが共有した知識に、お尻に刺激を入れてから走ることや、チューブで使いたい身体の部位に刺激を入れてから泳ぐなど、丁寧にひと手間かけることが大切だと身体を使って説明しました。

特にトライアスロンでは、このようなひと手間が、大きな差につながります。

③ 毎日の積み重ねを大切にしよう。

何度も言いますが、トライアスロンは3種目あります。一つの種目に絞れないので身体の感覚も掴みにくいです。また、3種目の中にはトライアスロンを始めたと同時に、始めた種目もあれば、なおのこと感覚を掴むまでに時間がかかります。それもあって、成果を感じることができなくて諦めてしまうこともあるかもしれません。ぼくでも、毎日意識していても感覚が分かってくるまでに、1年以上かかりました。レースペースの速い動作になると、意識できなくなるので、まだ自分の物にできていません。

すぐに身に着くような、魔法はなくて、結局は長期的な積み重ねが必要になります。諦めないで毎日コツコツ積み重ねることが大きな差につながります。

 

色んな動作から具体的な方法を共有しましたが、ぼくの伝えたかった本質はこの3つです。

シンプルなこと

上記の3つをみて、思った人もいるかもしれませんが、やっていることは本当にシンプル。

ただ簡単なことでも、継続することは案外難しいものです。

 

はじめに述べたように、大学生でトライアスロンをすることは大変です。だからこそ、この3つを継続できる人は少ないです。逆に言うと、この3つを継続するだけで、周りより一歩リードできて結果はつながります。

大学生という限られた時間で、せっかくトライアスロンを選んだのだから、それぞれの目的の中で活躍してほしいです。そしてトライアスロンをする選手が増えてほしいです。

(何度も言いますが、ぼくはこれらができなくて関西大学を休学して競技一本を選びました。2020年4月から復学して学生トライアスリート頑張ります。)

 

最後まで、読んで下さりありがとうございました。

合わせて、ぼくのプロフィールからトライアスロンを始めた経緯を良かったらどうぞ。

学生×プロトライアスリート 『げんちゃん』のプロフィール

学生×プロトライアスリート 『げんちゃん』のプロフィール