自分を変えたければ『決意』だけでは無意味

生き方

こんにちは。

トライアスロンをしています。

ウチダゲンタです。

今日は、自分を変えるための方法について書きました。

人は環境の奴隷

僕は時間を少しでも確保する為にテレビを見ないようにしています。というより、見れないようにテレビが無い環境にいます。最初の方はきつかったですが、今はこの環境が普通に感じているので何も思いません。

そんな僕なんですけど、実家に帰ると大好きなテレビやお菓子を簡単に見てしまったり簡単に食べてしまいます。

人間はいかなる努力をしようとも環境には逆らえない。

このことを痛感しました。僕も強くなっているだろうと思っていましたが、何も変わっていませんでした。

そして、環境を利用することで、なりたい自分を実現させることができると思いました。

決意では自分を変えられない

自分を変えたければ、「決意」よりも「時間配分」「住む場所」「付き合う人」を変える。

元マッキンゼー日本支部・社長の大前研一さんによると、以下の3つの方法で人は変われるといいます。

人間が変わる方法は3つしかない。

1番目に時間配分を変える。

2番目に住む場所を変える。

3番目に付き合う人を変える。

この3つの要素でしか人間は変わらない。

最も無意味なのは「決意を新たにする」ことだ。

1つ目の時間配分。

例えば、僕は毎日英語を1時間だけ勉強することを習慣にしています。今はまだ、恥ずかしいくらい英語を理解できませんが、毎日積み上げていければ、かなり成長していくと思います。そう信じています・・・。

1日単位で見ると変化に気づきにくいかもしれませんが、毎日1時間を1カ月続けると30時間、1年続けると360時間。年単位で見れば、膨大な時間となり成長できると思います。

2つ目の住む場所。

例えば、自宅と練習場所が近ければ、その分睡眠時間が増えて良い練習をする事ができます。逆に1時間の移動時間があれば、目的もなくスマホを触っている時間を読書などの自分の時間にあてることで成長していくと思います。

3番目の付き合う人

例えば、ポジティブになりたければ、ポジティブな人ばかりの集団に入ることが良いと思います。ネガティブな集団でポジティブになることは、かなり難しいことだと思いませんか?

自分に合う選択をする

このように環境だけでなりたい自分に近づくことができます。そして、なりたい自分に近づくために自分に合う環境の選択をしていければ良いと思います。

新年早々に、こんなことを言いたくありませんが、新たな気持ちで1年の目標を「決意」した方もいるかもしれません。しかし、決意だけでは無意味です。その目標を達成する為に環境を変えていきましょう。

ウチダゲンタのメイントレーニング

swim

pull 100*4 @1’30 / 200*2 @2’20 / 400*1 MAX

swim 100*4 @1’30 / 75*3 SP-easy-SP by25m @ 1’15 / 75*3 build-up @1’15 / 100*6 hard @1’40 / 50*2*2 dive-下から by1t @50″

ウチダゲンタのSNS

Twitter:https://twitter.com/gen0326_sr

Instagram:http://Instagram.com/gentauchi

フォローして頂ければ、喜びます。

フォローとコメントを頂ければ、泣いて喜びます。

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。